ハゲは早い段階からの予防が大切です。ハゲてしまってからじゃ遅い!ハゲの原因を知って適切に対応しましょう。

2018年ハゲ(禿げ)・薄毛の原因が解明!徹底的に対策します!

頭皮の悪化がハゲへの入り口

ハゲないために頭の洗い方改善方法

更新日:

日に抜ける髪の毛の約70%は髪を洗っているときと言われてて、大半は体の内側の原因での抜け毛かもしれませんが、少なからず洗ったときの刺激で抜けている毛もあるのです。
正しい髪の毛の洗い方を理解するこが抜け毛防止に大きく貢献します。

日本で一番売れた育毛剤「チャアップ」CHAP UP

チャアップ

日本で一番売れた育毛剤として日経CNBCにも紹介されたチャアップ。 満足できないときは全額返金の保証がついています。 20代から70代の幅広い男性の方が購入しています。育毛剤だけではなく、様々な特典がついているのも人気が高い理由です。

おすすめできる理由

  • 全額返金保証
  • 医薬部外品に認定
  • 81種類の有効成分
チャアッップ料金

ハゲない髪の毛の洗い方のポイント

  1. できるだけ刺激を少なくして髪を洗う
  2. 頭皮の汚れや皮脂をしっかり取る

ハゲないための髪の洗い方は、外からの刺激を極力少なくして抜け毛を減らしていきつつ、頭皮の汚れや皮脂をしっかり取るということがとても重要なのです。

ブラッシング

多くの人が知らないであろうシャンプー前の手順、それがブラッシングです。
シャンプー前にはブラッシングをしっかりとすること、そしてシャンプーをする前に毛穴を開く、この2つをまずはしっかりと認識しておきたいですね。
ここで、なぜシャンプー前のブラッシングが重要となるのかをご紹介しましょう。
ブラッシングの目的は、次3つです。

  1. ほこりやフケを落とす
  2. 頭皮の汚れが浮きやすくなる
  3. 髪のもつれがほどけシャンプーの泡立ちがアップする

髪や頭皮のためには、しっかりと汚れを落とすことが大切となります。
そして、それは無理やりではなく、丁寧に、頭皮や髪にダメージを与えないように行う必要があるのです。
だからこそ、シャンプー前のブラッシングが重要となるのです。
ブラッシングは、櫛ではなく専用のブラシを使うようにしましょう。
素材は、ナイロン製のものを利用すると静電気によって髪にダメージを与えてしまう可能性もあります。
ですから、豚や猪 など動物の毛が使われているものがオススメです。
男性の場合、ブラッシングをすることでかえって抜け毛が増えてしまうということを危惧する人も多いかもしれません。
しかし、丁寧なブラッシングは皮脂や老廃物を浮かせてシャンプーによってキレイに洗い流すという効果が期待できるのです。
これが、薄毛対策になるわけですね。
また、ブラッシングをすることで頭皮に適度な刺激を与え、血行促進の効果も見込めます。
シャンプー前のブラッシング、ぜひ習慣づけていただきたいです。
ただし、むやみにブラッシングをすれば良いというわけではありません。
絡まっている髪を無理にブラッシングすれば、髪が傷んでしまう恐れもあります。
また、頭皮を刺激しようと強くブラッシングすれば、頭皮も傷つけてしまう可能性が出てくるので気をつけてください。

いきなりのシャンプーはダメ!ハゲの要因に

①まず大切なのは、身体や頭皮を温めて毛穴を開かせてることなのです。
最初はシャワーのお湯だけでしっかり洗う。
いきなりシャンプーをつけて洗い始めるのではなく、最初はシャワーのお湯だけでしっかり洗うことが重要です。
こうすることで髪についたほこりや汚れを取り除くことができたり、ワックスなどの整髪料を洗い落としてシャンプーを泡立てやすくなるのです。

② 汚れがひどい場合は、2度洗い。
最初は髪だけをシャンプーもし髪の汚れがひどかったり、ワックスやジェルなどの整髪料をつけすぎてしまったとしたら、髪だけをシャンプーで洗うようにしましょう。

  1. シャワーのお湯でしっかり髪を洗う
  2. 手のひらでシャンプーをよく泡立る
  3. 髪の毛全体に行き渡るように泡を広げる
  4. 指の腹を毛髪にこすり合わせて優しく洗っていく

上記のように、まずは髪の汚れを落とすことが大切です。
ここでの洗い時間は1分ほどで洗いすぎないようしてください。
髪の洗い過ぎは髪をパサパサして傷めてしまう原因になってしまいます。
あくまでも髪の汚れをサッと取るだけに集中して、全体的に泡立ったらお湯でしっかりすすいでいきましょう。
汗をたくさんかいた日、ワックスやジェルなどを多めにつけた日などは、髪だけをまずはシャンプーで洗う2度洗いをすることをおススメします。
洗い方
髪を洗う順番にも気をつけましょう。
基本は、下から上へ洗っていきます。
これは、髪の毛は毛穴から少し下向きに生えていて、下から上に洗っていくことで毛穴をしっかり洗うことができるのです。

  1. 襟足・耳の後ろ
  2. もみあげ
  3. 後頭部
  4. 側頭部
  5. 頭頂部
  6. 生え際
  7. 前頭部

といったように下から上へと洗っていきましょう。
指の腹でマッサージしながら優しく洗う
シャンプーを泡立てたら髪をゴシゴシと洗いたくなるところですが、シャンプーで洗うのは髪ではありません。
頭皮です。
頭皮に指を立てて、指の腹で頭皮をもみ込むようにマッサージしながら洗うのがポイントです。
下から上へとマッサージしながら洗うことで、血行が悪いとされる頭頂部への血の巡りが良くなり、頭皮を柔らかくすることができます。

すすぎは3分以上かける!シャンプーの洗い残しはハゲの要因

すすぎは、シャンプーの倍以上の時間をかけて行うと良いとされています。
それほどすすぎは重要な作業ということです。
すすぎの前にやるべきこと。それはシャンプーで洗い終えた後に、最後に髪の根本に下から指を入れて優しく小刻みに動かしていくことです。

こうすることで髪のゴワつきが抑えられて、すすぎの時に髪を引っ張って髪が抜けたり、頭皮を傷つけることがなくなります。
すすぎのときの注意点ですが、絶対に雑にやらないことです。
すすぎ残しがあると、髪や頭皮に汚れがついたままになってしまったり、頭皮にシャンプー剤が残ってしまったりして、せっかくのシャンプーが台無しになってしまうからです。
男性の場合髪が短い方が多いと思いますので、すすぎは最低でも3分以上はかけるようにして、これでもか!というくらい入念に洗い流しましょう。

もしミディアムくらいの長さだったら5分以上かけたほうがいいです。

ハゲないために頭の洗い方改善方法まとめ

髪を洗うという行為は抜け毛を誘発するリスクを伴うので、洗い方に注意するのがとても重要です。
できるだけ刺激を与えないように、頭皮はしっかり洗浄する、という洗い方をマスターしてハゲるリスクを減らしていきましょう。

-頭皮の悪化がハゲへの入り口

Copyright© 2018年ハゲ(禿げ)・薄毛の原因が解明!徹底的に対策します! , 2018 All Rights Reserved.