ハゲは早い段階からの予防が大切です。ハゲてしまってからじゃ遅い!ハゲの原因を知って適切に対応しましょう。

2018年ハゲ(禿げ)・薄毛の原因が解明!徹底的に対策します!

栄養不足はハゲの要因の一つ

ストレスがハゲの要因になっています!

投稿日:

抜け毛が生じて頭がハゲになってしまう原因には遺伝や生活習慣の影響なども挙げられますが、現代人にとって無視できないのがストレスの影響です。
さまざまな病気を引き起こすストレスは頭皮の健康と髪の毛の成長にもダメージを与えるため、ハゲになる要因の1つとして数えられるのです。

円形脱毛症だけでなくAGAの原因にもなるストレス

ストレスが原因で発症する脱毛症と言えば、昔から円形脱毛症が知られていました。
仕事や人間関係などのストレスで髪の毛がごっそりと抜け、俗に10円ハゲと呼ばれる脱毛斑が生じると言われてきたのです。
現在では免疫細胞のリンパ球が誤って毛根を攻撃するために円形脱毛症を発症するメカニズムが解明されており、自己免疫疾患の1つに分類されています。
そのため円形脱毛症は体質による影響が大きく、遺伝と関係があるという説も有力です。
一方で円形脱毛症はストレスが原因で重症化する傾向も見られ、症状が進行すると脱毛が広範囲に拡大して全頭脱毛症へと移行する恐れもあります。
ストレスが脱毛を悪化させる点は、AGAと呼ばれる男性型脱毛症にも共通する傾向です。
AGAは男性ホルモンに関わる遺伝的体質が最大の原因とされていますが、生活習慣の影響に加えてストレスも症状を進行させる要因の1つとなっているのです。

ストレスと頭皮の血行不良との関係

AGAにしても円形脱毛症にしても、ストレスが何らかの形で発症や症状進行に関与しているのは疑いようもありません。
ストレスがなぜ脱毛の症状に関わってくるのかと言えば、血管を収縮させて頭皮の血行を悪くするのが原因です。
髪が伸びるのは毛根を通じて毛の材料となる栄養が絶え間なく供給されているからで、その供給が滞ると髪の毛の成長にも支障が出てきます。
ストレスを感じると交感神経が興奮して戦闘モードに入り、血圧を上げたり心拍を速めたりしてストレスに対抗できるよう体を緊張させるのが人体の仕組みです。
その際には冠状動脈が拡張されて逃走や戦闘に適した状態に身体が変化する一方で、末梢の血管は逆に収縮されます。
毛根に通じる頭皮の血管は収縮の対象となってしまうため、ストレスが加わるとかえって血行不良に陥るのです。
一時的なストレスであれば影響は少ないですが、ストレスに長くさらされ続けると髪の毛に栄養が行き渡らなくなります。

ストレスはケラチン合成に必要な亜鉛も消費

髪の毛を作っている主な材料はケラチンというたんぱく質の一種で、食物から摂取したたんぱく質をアミノ酸に分解した後に、アミノ酸を材料として体内で再合成されています。
ケラチンを合成するには金属元素の亜鉛を必要するため、亜鉛が不足気味の人は抜け毛や薄毛のリスクも大です。
亜鉛はケラチンの合成だけでなく体内でさまざまな目的に使われており、ストレスとも深い関係があります。
脳がストレスを感知すると副腎に指令が送られてストレスホルモンが分泌され交感神経を活性化させますが、このストレスホルモンを作る際に亜鉛が消費されてしまうのです。
そのためストレスが多い人ほど亜鉛不足に陥っている可能性があり、髪の毛の主要成分となるケラチンの合成がうまく進まなくなります。
その結果髪の毛が抜けやすくなったり十分に成長しないまま短期間で抜け落ちたりして、AGAや円形脱毛症の症状が悪化してしまうのです。

ストレスによる睡眠不足もハゲの一因に

血流や呼吸・臓器の運動などは眠っている間も自動的にコントロールされていますが、その働きを司っているのが自律神経です。
自律神経には交感神経の他に副交感神経があって、外部の環境や身体の状態に応じて両者が適度に交代しながら身体の健康を維持しています。
睡眠時には副交感神経が優勢となって心拍や血圧・体温が下がり、身体を睡眠に適した状態に整えているのです。
そこに過剰なストレスが加わると交感神経が興奮しすぎて副交感神経になかなか切り替わらず、夜もうまく眠れなくなります。
毛母細胞が細胞分裂して髪の毛が伸びるには、成長ホルモンの分泌が必要です。
この成長ホルモンは深い眠りの最中に分泌されるため、ストレスで寝付きが悪かったり眠りが浅かったりすると髪の毛の成長にも悪影響が及びます。
不規則な生活で睡眠時間が乱れている人も同様のリスクを背負っていることになりますが、睡眠の質をを低下させるストレスも避ける必要があるのです。

ハゲの予防にはストレス解消も有効

ストレスは髪の毛の健康な成長に悪いとは言っても、仕事や学校生活・家庭環境など身の回りにはストレスだらけの状態です。
たいていの人にとってはストレスを避けて生きるのが困難ですので、脱毛症を防ぐにはストレスとの付き合い方が問題になってきます。
ストレスは蓄積されればされるほど体に悪影響を及ぼすことを考えると、運動や趣味などを通じてストレスが溜まらないようその都度発散させていくことが大切です。
友人とのおしゃべりが最大のストレス解消になるという人や、好きな食べ物を食べることでストレスを発散させている人もいます。
自分に合った方法でストレスを解消させていくことで頭皮の血行にも良い影響を与え、髪の毛に栄養が行き届くようになるものです。
とは言えハゲの原因はストレスだけではありませんので、AGAの症状が明らかに進行している人は薬や育毛剤、頭皮マッサージなどの治療と併用して症状改善を目指すといいでしょう。

-栄養不足はハゲの要因の一つ

Copyright© 2018年ハゲ(禿げ)・薄毛の原因が解明!徹底的に対策します! , 2018 All Rights Reserved.