ハゲは早い段階からの予防が大切です。ハゲてしまってからじゃ遅い!ハゲの原因を知って適切に対応しましょう。

2018年ハゲ(禿げ)・薄毛の原因が解明!徹底的に対策します!

栄養不足はハゲの要因の一つ

アルコールはハゲ対策の天敵!お酒と髪の毛の関係

投稿日:

アルコールを全く飲まない男性と比較して、お酒好きの男性にハゲが多いことは因果関係があります。
多少お酒を舐める程度に飲む男性は無関係ですが、ポイントとなる点として肝臓で翌朝までに分解が出来る以上のアルコール摂取はハゲの原因の1つです。

お酒と髪の毛は密接な関係があった

男性にとってハゲになってしまうことが最初から分かっていたら、ある程度お酒を控える人も出るはずです。
何故かお酒と髪の毛の関係は、注意喚起されることが無く気がついた時にはハゲが進行していたという例も少なくありません。
アルコールは人間にとって酩酊状態にさせるだけでなく、体内にそのままの形でとどまることは毒になってしまうので、代謝を経て体外へ水と二酸化炭素という形で排出されます。
アルコールがアセトアルデヒドを経て酢酸に分解されて、水と二酸化炭素として排出すること自体が身体にとって負担となるわけです。

アルコールは睡眠の質を下げる

ヒゲの伸び方が24時間一定では無いことを体感的に知っている人も多いですが、毛髪の成長は成長ホルモンの影響を受けているので睡眠の質が重要です。
体内で成長ホルモンが最も分泌される時間帯は、22時~翌2時までの4時間となっているので、この時間帯にはなるべく熟睡状態に入っていることが望ましくなります。
しかし、アルコールを摂取した状態では睡眠の質が下がり髪の成長を促す役目も持つ成長ホルモンの分泌がしっかりなされません。
結果的に毛乳頭で力強く成長するはずの毛髪が、中途半場な形で自然に伸び続けるだけとなるので本来ならば強く太く育っていた髪の毛が細く薄くなりハゲて見えるわけです。

アセトアルデヒドへの分解時に肝臓に負担をかける

アルコールがハゲの原因となってしまう要因として、摂取量に応じてアルコールをアセトアルデヒドへ分解する役割を持つ肝臓に負荷がかかる点が挙げられます。
血中アルコール量が多いままでは、酩酊状態となってしまうので早急に肝臓でアルコールをアセトアルデヒドへ順次分解する必要があるわけです。
しかし、アルコールをアセトアルデヒドへ分解することは、肝臓にとって重労働となってしまうので本来の肝臓の役割が疎かになりがちです。
特に髪の毛が成長する際に必要となるタンパク質やアミノ酸の合成にまで手が回らなくなってしまうと、髪の毛を作る原材料が不足してしまいます。

アルコールを分解する過程でアミノ酸とビタミンを浪費する

アルコールをアセトアルデヒドへ分解するためには、アミノ酸としてシステインとメチオニンが大量に使われ、ビタミンも同時に消費されてしまいます。
実は、髪の毛を作り出すために必要なアミノ酸として、システインとメチオニンは欠かせない存在となっているので、お酒を大量に飲むほど髪の毛の原料を失っているわけです。
自分の飲酒行為により髪の毛の原料をアルコール分解のために使わせてしまい、自らハゲを促進させてしまっていることを知れば深酒をせずにお酒の量を調整します。
また、アルコールには利尿作用があるので水溶性ビタミンだけでなく亜鉛も必要以上に体外へ排出させてしまうといった問題点が指摘されています。
全てのお酒が悪いわけでは無いものの、利尿作用が強く大量に飲みやすく糖質が多いビールは、特に飲む量を注意しなければならないアルコール飲料です。

アセトアルデヒドがジヒドロテストステロンを増やしてしまう

肝臓で体内に入ったアルコールをアセトアルデヒドへ分解することになりますが、分解されたアセトアルデヒドは血液中に流れて全身を巡ります。
アセトアルデヒド自体が、ハゲの原因として知られるジヒドロテストステロンを増やす働きをすることがよく知られています。
ジヒドロテストステロンは、毛乳頭にある男性ホルモン受容体と反応してTGF-βという毛乳頭に対して髪の毛の成長を止めるよう命令する物質を生み出すわけです。
男性ホルモン受容体の感受性には個人差があるものの、ジヒドロテストステロンの量が増えればTGF-βの量が増えてしまい脱毛因子が大量に生まれることになりかねません。
男性ホルモンのテストステロン自体が増えてもジヒドロテストステロンへと必ずしも変化するわけでは無いので、血中に溶け込んだアセトアルデヒドの影響が大きいです。
アセトアルデヒドが更に酢酸へと分解されるまでの間は、常にTGF-βの生成に影響を与えることになるので、お酒で自らハゲを推し進めていることになります。

アルコールはハゲ対策の天敵!まとめ

お酒を飲むことが趣味の男性にとって、量を考えて適切に嗜まないとハゲを自ら進行させてしまっていることになります。
お酒に含まれるアルコールは、肝臓に負荷をかけて髪の毛を作るアミノ酸を消費させてアセトアルデヒドに分解し、アセトアルデヒド自体がジヒドロテストステロンを増やすわけです。
ジヒドロテストステロンが増えてしまうと、脱毛因子となるTGF-βを増やす結果となり自らハゲを促進させることに繋がります。

-栄養不足はハゲの要因の一つ

Copyright© 2018年ハゲ(禿げ)・薄毛の原因が解明!徹底的に対策します! , 2018 All Rights Reserved.