ハゲは早い段階からの予防が大切です。ハゲてしまってからじゃ遅い!ハゲの原因を知って適切に対応しましょう。

2018年ハゲ(禿げ)・薄毛の原因が解明!徹底的に対策します!

AGAが一番のハゲ要因

ハゲを隠したい!植毛の費用を調査

投稿日:

人は内面が大事とはいうもののハゲている人にとって他人に外見がどう見えるかは本当に気になるものです。
頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌などでハゲてしまった頭皮はシャンプーを変えたり頭皮マッサージをしたところで、進行を防ぐことはできても元には戻りません。
ハゲを隠すために髪型を変えてみたりしても不自然で、髪型を変えたぐらいではカバーしきれない部分も出てくると思います。
そんな時、ハゲを隠すために植毛をしてはどうだろうかという解決方法が浮かんでくる人も少なくありません。
しかし植毛に興味はあってもどれくらいの費用がかかるのかが気になりますよね。
そのような悩みを解消するために植毛の費用を調査してみましたので自分にあった植毛の参考にしてください。

2種類の植毛方法

植毛には2種類の方法があります。
「自毛植毛」と「人工毛植毛」の2つです。
この2つの植毛方法の違いを順番に見ていきます。

自毛植毛

自毛植毛は側頭部や後頭部などの抜け毛が起こっていない部分から直接頭皮に自分の髪の毛を植え付けて髪を増やす方法です。
自毛植毛は本物の髪を使うので自然な仕上がりとなります。
植毛の効果が現れるまでに半年ほどと時間はかかりますが定着率が非常に高いので半永久的に増毛の効果が続きます。
また定着することで他の髪の毛と同じように伸びていきます。
自毛植毛は「グラフト」といわれる毛穴単位で毛髪の移植が行われます。

人工毛植毛

人工毛植毛はポリエステルやナイロンなどの頭皮になじみやすい合成繊維で作られた毛を気になる部分に移植する方法です。
自毛植毛と違い好きな部分に好きなだけ植毛することができますが、植毛した後で自分の髪と一緒に伸びてくれるというわけにはいきません。
自分の髪を植毛しているのではないので抜けやすいというのも人工毛植毛の特徴です。
さらに自分の髪が伸びてくると不自然さが生じてしまいます。
しかし人工毛植毛はすでに伸びたものを移植するのですぐにフサフサの状態を手に入れたい人にはぴったりの植毛方法と言えます。

自毛植毛の手術方法

自毛植毛の手術にはいくつかの方法があります。
代表的な2つの方法を紹介します。

FUT方法

この方法はメスを使うもので傷跡が残ってしまう可能性があり傷が完治するのにも時間がかかってしまいます。
しかし多くの髪を植毛しやすく定着しやすい植毛方法です。

FUE方法

FUE方法はメスを使わずにパンチを使用し1ミリ前後の穴を開けて髪を採取し植毛する方法です。
毛穴をくり抜く時毛根を切断してしまう可能性もありますが、この方法は傷跡が残ったりする心配がありません。

このような二つの方法によって手術される自毛植毛ですが、かかる費用は比較的高く植毛を必要としている範囲によっても変わってきます。
またクリニックによっても変わってきますので事前に調べてからクリニックを選ぶことをお勧めします。

AGA症状別自毛植毛費用

M字型ハゲ

男性に多い生え際が薄くなるM字型ハゲの場合、400グラフト~1200グラフトが必要とされています。
この場合の費用は680,000円~1,640,000円程度となっています。

O字型ハゲ

つむじ辺りから薄くなるO字ハゲですが、目安として1,000グラフト~1,500グラフトが必要とされています。
費用は1,400,000円~2,000,000円となっています。

U字型ハゲ

額から頭頂部や後頭部まで進行したハゲで、グラフト目安としては2,000グラフト~3,000グラフトで、費用は2,600,000円~3,800,000円となります。

人工毛植毛の費用

人工毛植毛は好きな部分に好きなだけ植毛できるので費用は比較的やすく抑えることができます。
相場は300,000円程度です。
しかも自毛植毛のように自分の髪を移植するわけではないので手術時間も短いものとなっています。
しかし人工毛植毛は定着率が悪く抜けやすいという面もありメンテナンスにお金がかかります。
メンテナンス費用は1年間で400,000円~1,200,000円程度となります。

AGA進行にも対応できる人工毛植毛

AGAが進行してしまうと自分の毛を移植する自毛植毛で採取できる量が少なくなってしまったり傷跡が目立ってしまう場合があります。
そんな時に人工毛植毛なら採取する必要がありませんのでAGAがかなり進行した人でも好きな本数植毛することができフサフサの状態にすることができ、自分の好きなヘアスタイルを楽しむことができます。

植毛の費用を調査まとめ

以上、植毛についての種類や費用を説明しましたが自毛植毛も人工毛植毛もそれなりにメリット、デメリットがあります。
自分のハゲの状態や予算に合わせて植毛方法を選ぶことをお勧めします。
クリニックによっても費用が異なってきますので事前に調べてから予約すると良いです。
またカウンセリングを行っているところもありますので利用し、必要な植毛本数などを調べてもらったり、自分に合った植毛方法を相談してみるのも良いです。
自分にあったクリニックを探し、自分に合った植毛方法を行うことで外見にも自信を持って毎日を過ごしましょう。

-AGAが一番のハゲ要因

Copyright© 2018年ハゲ(禿げ)・薄毛の原因が解明!徹底的に対策します! , 2018 All Rights Reserved.