ハゲは早い段階からの予防が大切です。ハゲてしまってからじゃ遅い!ハゲの原因を知って適切に対応しましょう。

2018年ハゲ(禿げ)・薄毛の原因が解明!徹底的に対策します!

AGAが一番のハゲ要因

若ハゲの原因となるAGAとは?

投稿日:

人間は誰でも年を取ると髪の毛が薄くなっていくものですが、いわゆる若ハゲはそういった加齢に伴う薄毛とは別の原因で生じます。
10代や20代といった青春真っ盛りにある男性の頭髪を徐々に蝕む若ハゲは、一般にAGAと呼ばれる男性型脱毛症を原因とするケースが大半です。

ハゲの主な種類と若ハゲの原因

頭がハゲる原因には加齢の影響や抗がん剤など薬の副作用の他にも、精神的ストレスによる脱毛や頭皮の病気が挙げられます。
神経性脱毛症や円形脱毛症は精神的ストレスを原因とする代表的な例で、脂漏性脱毛症や粃糠性脱毛症は頭皮の炎症に伴って脱毛が起きる病気です。
加齢に伴って髪の毛全体が薄くなる例は女性でも珍しくはなく、女性男性型脱毛症と呼ばれています。
そうした原因に思い当たる節がないのに若いうちから髪の毛が薄くなっている人は、AGAの可能性が大です。
AGAは思春期以降の男性に発症し、早い人では10代のうちから頭髪が薄くなり始めます。
AGAの発症率は年齢とともに上昇し、40代になると30%以上に跳ね上がります。
30代以下は発症率がぐっと下がりますが、それでも20代男性のうちおよそ6%がAGAによる若ハゲに悩まされているのが現状なのです。

AGAの典型的な症状

他の原因によるハゲと違ってAGAを原因とする脱毛症の場合は、症状の進行に特徴的な経過が見られます。
最も多いパターンは、額の両端に位置するこめかみ付近の頭髪が剃りを入れたように生え際から徐々に薄くなっていくような症状です。
頭頂部付近の頭髪がつむじ付近から薄くなるのもAGAに見られる典型的な症状で、額の後退と同時進行で頭頂部が薄くなる人も少なくありません。
AGAの症状が進行すると額の形状がM字型からU字型へと移行し、最終的には頭頂部にまでハゲの領域がつながってしまいます。
大相撲でもAGAのために20代のうちから額が後退しているような力士は珍しくありません。
30代になって頭頂部まで薄毛の領域が広がり、髷が結えなくなって引退した力士の例も過去にありました。

毛髪の成長サイクル

豊かな髪の毛を維持している人の場合は、平均して10万本とも言われる毛髪が正常な成長サイクルを繰り返しながら絶えず生え変わっているものです。
髪の毛が伸びる成長期には毛母細胞が分裂しながら1日に0.5ミリほどのペースで成長を続けます。
この成長期が長ければ長いほど毛髪は太く成長し、フサフサとした豊かな髪の毛を構成できるのです。
1本の毛髪は4年から6年の成長期を過ぎると退行期へと移行し、数ヶ月間の休止期を経て抜け落ちます。
健康な髪の毛は一生のうちの多くを成長期が占め、退行期から休止期にかけての期間はその何分の一に過ぎません。
AGAを発症した人の髪の毛でも退行期と休止期の期間はそれほど変わりありませんが、成長サイクル全体の期間が短くなるために薄毛の原因となっているのです。

男性ホルモンと深い関係があるAGA

AGAになると毛母細胞の寿命が短くなって成長期が短縮され、1本の毛髪が十分に成長しないうちに抜けてしまうようになります。
毛髪の成長サイクルを短くしている原因は、男性ホルモンのテストステロンから代謝されたジヒドロテストステロンという物質です。
テストステロンは5αリダクターゼと呼ばれる酵素の作用でジヒドロテストステロンに変換されますが、この物質は毛母細胞の作用を阻害する性質を持ちます。
5αリダクターゼは前頭部や頭頂部に多く存在するため、男性ホルモンが活発に分泌されている男性ほど額の生え際やつむじ付近の毛髪が薄くなりやすいのです。
ジヒドロテストステロンはひげや体毛を濃くして男性らしい体を作るのに欠かせない物質ですが、毛髪に対してはダメージを与える方向に作用します。

AGAを引き起こす3つの原因

女性よりも男性で若ハゲが圧倒的に多い理由は、以上のような男性ホルモンの影響から説明がつきます。
親が若ハゲだった人は自分も同じ体質を受け継いでいる例が多いという事実を考えると、遺伝的要因も無視できません。
男性ホルモンの感受性に関わる体質は特に母方の血筋から受け継がれやすい面がありますので、母方にAGAの男性親族が多い人は要注意です。
そうした遺伝的要因だけでなく、ストレスや生活習慣もAGAを進行させる一因です。
ストレスが多いと髪の毛に栄養を供給するための血流が悪くなり、毛髪の材料となるコラーゲン生成にも悪影響が及びます。
日頃から偏食の傾向がある人は、毛髪の健康的な成長に必要な栄養素が不足している可能性があります。
食生活だけでなく喫煙や睡眠不足などもAGAの発症リスクを高める要因です。

AGAの治療方法

AGAを原因とする若ハゲは放置すればするほど症状が進行する傾向が見られるため、薄毛の兆候を感じた時点で早めに対策を講じていれば症状改善は可能です。
AGAの治療を行っている医療機関を受診すれば、男性ホルモンを抑制して抜け毛を防ぐ飲み薬などを処方してもらえます。
頭皮の血行を良くして発毛を促す塗り薬や頭皮マッサージなども、AGAの進行を抑えるのによく行われている治療方法です。
最近ではAGA遺伝子検査を実施しているクリニックが増えているだけでなく、自宅で手軽にできる検査キットも登場しました。
AGAになりやすい遺伝体質は変えようもありませんが、ストレスの軽減と生活習慣の改善による努力次第では状況を変えられます。

AGAとは?まとめ

何かとからかいの対象にされやす若ハゲにも、AGAという病名に基づく医学的な原因があります。
対策が遅れると治療の効果も低くなってしまいますが、AGAは早め早めに対策を行うことで症状の改善や進行抑制が十分に可能な脱毛症なのです。

-AGAが一番のハゲ要因

Copyright© 2018年ハゲ(禿げ)・薄毛の原因が解明!徹底的に対策します! , 2018 All Rights Reserved.